スクリーンを横から見てみる

映画と、映画以外の全て、の2つについて。twitterは@cathexis_impish

『沈黙 ―サイレンス―』隠れキリシタンではなくウォーリーを探せ

窪塚洋介

わたしはこの人の顔が大好きで、ずっと見ていたいと思うのです。

なぜか魅入られてしまうのです。

街 〜運命の交差点〜』のAD役のころから、というのは嘘ですが『天国に一番近い男』というドラマで見かけてからずっとファンであります。

男性は窪塚。

女性は駅乃みちかナタリー・ポートマン

先日、「『ジャッキー』を観に行くぞ!」との決心も大雨を理由に自宅でゴロゴロするという楽なほうに転んでしまいましたが、ずっと心の中では『ジャッキー』を見に行きたい気持ちを今も持っています。

 

自身の名前もそうですが、作品時間もいつも長いなと思わされるマーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙 ―サイレンス―』。

今回は別段長く感じなかったのは窪塚洋介のせいでしょうか。

周囲の観た人は結構残酷なところで目を覆ってしまった、という意見もありますが、わたしは塚本晋也さんの水攻めでは、心の中で大爆笑していました。

不謹慎でした。お詫びします。お釈迦様、ごめんなさい。

まるでキリストの磔のようになる死後には「おぉ!」って思ったので許してください。

 

塚本さんの磔がキリストの磔に似せてるのは、どちらかといえば直喩的な表現ですが、この映画には暗喩的な表現もあります。

ラスト、棄教し江戸に移住したロドリゴのもとにキチジローがやってきて告解を求めます。「もう神父ではない」と初めは断るロドリゴですが、結局キチジローに赦しを与えるシーン。ロドリゴの背後に十字架がありました。

言葉でうまく説明できないので簡単な絵をご覧ください。鑑賞したのが節分の頃なので記憶が曖昧な箇所が多分にあります。それも絵で表現しています。

 

 

f:id:cathexis-impish:20170413225219p:plain

 

壁の何でもないところに紐が垂れ下がっていて、それが十字架のように見えます。

バストショットのサイズなので、背後に目がいかないよう普通ならば邪魔になる紐は映さないようにするのではないかと思うのです。

ロドリゴの言葉とは裏腹に密かに十字架を画面に入れ、心境を表す。

この直後、ロドリゴがキチジローに赦しを与えるシーン、カメラは二人をとらえていますが、背後は障子です。障子の格子、十字架で満たされています。日本が舞台なので障子や牢屋の格子はたくさん出現しますが、ここの格子はストーリーからいっても特別で、十字架を暗喩していると思うのです。

(イラストを描くのに四苦八苦したので、ここのショットの絵は断念します。わたしは楽なほうに転びます。)

 

こういうメタファーは、昔の映画でいうと『ダーティハリー』が有名ですね。

『沈黙』のように十字架と思わせるものがいろんな場面で出現しています。

 

やっとラストになって十字架の暗喩に気が付きました。

スコセッシ監督のことですから、映画前半にもこのように隠れたものがたくさん散りばめられているかもしれませんね。あなたはウォーリーを見つけましたか?

ウォーリーを探すために、すぐにもう一度観ようとは思いませんが、いつの日か。

まずは『ジャッキー』を。

 

 

 この本に『ダーティハリー』のことの記述がありました。

映画の授業―映画美学校の教室から

映画の授業―映画美学校の教室から

 

 

 <こんな記事もあります>

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com