読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクリーンを横から見てみる

映画と、映画以外の全て、の2つについて。twitterは@cathexis_impish

『glee/グリー』小鳥は歌えり 林に森に

ドラマ

f:id:cathexis-impish:20160318130506j:plain

ずっと食わず嫌いしていた『glee/グリー』の再生ボタンを押してしまいました。止まりません。もう何億人もの人が叫び飽きてるフレーズをリビングの中心で叫びます。

 

「グリー面白い!!!」

 

こんなに笑って泣けるドラマに出会えてよかった。連続ドラマはあまり観ませんが、一番好きです。なんてマドンナの2時間どころじゃない、数年の遅刻。

 

最初は安達祐実渡辺直美が出てるのか、くらいしか思ってなかったんですが、1話が終わるころには心を奪われてました。まだシーズン1の途中です。昨夜、スー先生のPVのほぼ完コピに笑いと驚きが同時に起こり、顔の表情筋が笑うのか驚くのかで迷うという体験を初めてしました。

いつも身体を鍛えているはずのスー先生のキレの悪さ!

4話のビヨンセも最高でした。

 

このエピソードとひとつ前のエピソードの、物語と選曲のピッタリ具合にしびれてます。ストーリーを作ってから選曲しているの?曲に合うようにドラマ作ってるの?

 

いつも予備知識をできるだけ入れないようにして鑑賞しますが、主要キャストがシーズン中に亡くなったということは少し知ってます。

誰なんでしょう?シュー先生??モヒカン???嫌だな。誰もいなくなってほしくないな。

あと、黙々とピアノで伴奏するおじさんが喋ることはあるのか、物語に絡んでくることはあるのか、が気になります。なぜ地区大会の引率の代理がおじさんではなくエマだったんだ?

 

『グリー』はミュージカル・ドラマの新境地と思います。映画好きな人のご多分に漏れず私はミュージカルは苦手です。好きなのはフレッド・アステアジーン・ケリーが活躍した時代のもの、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』、クレイジー・キャッツの映画くらい(『シカゴ』はサントラ買いましたが)。

 

ミュージカル映画が苦手で避けてた人、そろそろ許してあげましょう。

日本でベッキーが宣伝しているのを見て避けてた人、そろそろ許してあげましょう。

のっぺりした照明で画面が安っぽいと避けてた人、そろそろ許してあげましょう。

映画やドラマが、わたしたちの内側から激しく突き上げる感情を与えてくれると信じてるなら。

 

Don't stop believin'

 

  

<関連記事>

cathexis-impish.hatenablog.com