スクリーンを横から見てみる

映画と、映画以外の全て、の2つについて。twitterは@cathexis_impish

『スポットライト 世紀のスクープ』その外側に存在する闇に光あれ

f:id:cathexis-impish:20160317203242j:plain

映画『スポットライト 世紀のスクープ』2016年アカデミー作品賞と脚本賞の受賞作をHuluオンライン試写に当選し鑑賞することができました。

Huluさん、ありがとうございます。

 

映画はピアノを主体にした物哀しい劇伴のように静かに、しかし力強い作品でした。

<あらすじ>

2002年1月、アメリカ東部の新聞「ボストン・グローブ」の一面に全米を震撼させる記事が掲載された。地元ボストンの数十人もの神父による児童への性的虐待を、カトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。1,000人以上が被害を受けたとされるその許されざる罪はなぜ長年にわたって黙殺されてきたのか。この世界中を驚かせた"世紀のスクープ"の内幕を、取材に当たった新聞記者の目線で描いく社会派ドラマ。

 

ボストン・グローブ社が発行する新聞内の1コーナーの名称が「スポットライト」です。報道する価値があると判断した事件について時間をかけて取材を積み重ね、1年に渡り連載する特集記事欄です。

社会に埋もれている事件に光をあてる、という意味でしょうね。

 

ある一つのことに光を集中させると周囲には闇ができます。

日々事件は起こり、紙面には限界があります。報道されないたくさんの事件が、光の当たった事件の外側で誰にも知らることなく葬られます。

カトリック教会のスキャンダルは、9.11のような教科書に載る歴史的事件にも埋もれることなく光をあてられましたが、教会のスキャンダルを追求するために彼らがそれまで追っていた建築業の記事はどうなったのか。

また、日本のポータルサイトなどでクリック数が多いかどうかでキュレートされたニュース(芸能人のテレビ・ラジオ番組でのちょっとした出来事)の外側にあるはずの事件について少し考えさせられました。

 

 

映画の後半、記者のひとりが過去に無関心を装ってしまったことを告白し、ユダヤ人編集長が「人生は毎日暗闇の中を歩いているようなものだ」と話すシーンがあります。

教会とは人が作った組織で、信仰とは別。

新聞社の会議室でも赦しを得て救われることができる、このシーンが印象に残りました。

 

 

この作品がアカデミー賞を受賞したことについて、バチカンの日刊紙が作品を賞賛したそうです。 

www.cnn.co.jp

 

カトリック教会が罪を認めたということだと思います。

被害にあわれた方々は赦すことができるのでしょうか。

 

 

 

spotlight-scoop.com

 

 

<関連記事>

cathexis-impish.hatenablog.com 

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com