読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクリーンを横から見てみる

映画と、映画以外の全て、の2つについて。twitterは@cathexis_impish

『晩春』ホームドラマの皮を被った恐怖映画あるいは小津と原と小室と華原と。

5月に入りました。GWも後半。ちょうど今頃、5月あたまから立夏の前日までを晩春と言うそうです。非常に短い期間、およそ6日間、儚い。

原節子小津安二郎作品に出演した数、6本と同じです。

 

その1本目、名作『晩春』。

その後の小津作品に幾度となく登場する娘の結婚をめぐるホームドラマのスタイルを決定づけた作品、と冠がつくことが多いですが、久しぶりに見返したところ、日常どころか非日常、異世界、どこかおかしい、恐ろしい作品だと感じました。独特の違和感がある、観ていて不安な気持ちにさせられたのです。日常の皮を被った非日常を淡々と綴る『晩春』。

 

しかし、いったい何が不安にさせるのか?

ひとつには原節子の表情。『晩春』の原節子は過剰なまでの笑顔と怒りの表情と、たった2つの顔だけで演じきっています。

過剰な笑顔は無表情と一緒です。まるで能面のよう。「不潔よ」と叔父を非難するとき、笑顔の内側にある拒絶が透けて見えます。中盤以降の般若の如き表情は、女の嫉妬。あの大きな目に宿った狂気の刃物で笠智衆に、観客に襲いかかってくるようです。

頂点は能の観劇で見せる一等の作り笑い。この瞬間のために2つの面しか用いなかったのでしょうか。

 

ふたつには方向感覚がなくなる不安。

小津安二郎の代名詞「ローポジションの切り返しショット」。相手の姿が手前に入らない、視線が交わらないのが特徴です。そのため人物の位置関係が分からなくなり混乱します。特に服部との七里ヶ浜へのサイクリング。原のアップは進行方向が画面の右へ、切り返した服部のアップは画面の左へ。ロングショットも後ろからとらえたものと、手前からとらえたものが混在していて進むべき方向を意図的に分からなくしているようなつなぎ。原のアップで髪をかき上げる仕草が2回出てきますが、最初は左手、次は右手。この仕草のせいで混乱している気がします。

どうも芯を食った文章になっていませんね。コイツ何言ってるんだ?と、読んでくださっているみなさんが混乱しているのではないかと心配です。

知らない土地で行き先を見失ったような不安。まさに、

「こっちかい、海?」

「いや、こっちだ」

八幡様はこっちだね」

「いや、こっちだ」

「東京はどっちだい?」

「東京はこっちだよ」

の心境です。

 

みっつには時間が正常に流れていない不安。

小津映画もうひとつの代名詞「セリフの反復」。この『晩春』が他より抜きん出て多いのではないでしょうか。

「そうかい?」「そうよ、きっとそうよ」

「決めたのね、もうお決めになったのね」

オウム返しの会話が交わされる時、まるで傷ついたレコードが何度も同じフレーズを再生する感じ。穏やかであるはずの日常の針が飛んで数秒前からやり直しさせられているような錯覚を覚え恐怖にかられます。

 

最後には小津安二郎監督が作品に込めた私的な想い。

実際のところどうだったのか知る由もないですが、世間で言われているように小津安二郎原節子が互いに強く惹かれあっていたことが事実なら『晩春』の撮影より前からそうだったのでしょう。プラトニックであったならば面と向かって自身の愛情をはっきりと伝えたことはなかったかもしれません。

京都の夜、娘・紀子の父・周吉に対する想い。「父」を「小津」に置き換えてみてください。

「私、このままお父さんといたいの。こうしてお父さんと一緒にいたいの。それだけで私、楽しいの。お父さんが好きなの」

男がセリフを考え、女がセリフを口にする。

かたくなに結婚を固辞する紀子の姿は、原節子が伝説となったいま、私生活と重なってしまいました。この事実も相まって、監督が周吉に自分を投影して原に語らせたのではないかと勘ぐってしまいます。執拗に反復されていたセリフ、この場面の原節子には一度も現れません。

ふたりは純愛だったといわれていますが、『晩春』の父娘も純愛です。

 

それから約50年後に、似たようなことをした男女がいました。

この手のことをしてきた男女はたくさんいるのでしょうが、男性同士、女性同士、それぞれ同じ漢字を一文字共通しているところに、なにかつながりを見出したくなってしまいます。

男は恋人を歌手にしてデビューさせ、自身の書いた曲を歌わせます。

 

何から何まであなたがすべて

私をどうにか輝かせるため

苦しんだり悩んだりしてがんばっている

 

タイトルの『Hate tell a lie』が英文法的に正確でないことはあちこちで指摘されています。

hate to tell a lie (嘘つきを憎め)

が正しい訳でしょうか。

 

『晩春』で周吉は紀子に嘘をつきます。

般若の顔で憎まれ、「もうお決めになったのね」と繰り返し念を押されても嘘を貫き通します。

周吉の嘘は近いうちに綻びます。嘘であることを知った紀子はどう思ったのでしょう。本心ではない結婚を強いられたことに(嘘つきを憎め)となったのでしょうか。

憎悪と愛情は表裏一体、きっと嘘をついてまで自分の幸せを苦しんだり悩んだりしてがんばってくれた周吉に感謝し、一層の愛情を捧げたと信じたいです。

 

 

「hate to tell a lie」 にはもうひとつ訳し方があります。

 

嘘をついたことを残念に思う

 

娘を嫁がせるために嘘をついた周吉ですが、本心では紀子を側においておきたかったのは、林檎のくだりよりも「きっと遊びに来るんだよ」とアヤに懇願するときの切実な周吉の顔のほうが身につまされます。

映画の物語上、娘を嫁がせねばならなかった小津監督、私的な物語としては嫁がせたことを号泣するくらい残念に思っていたのかもしれません。

 

 

なんか、壺のショットが性的なものを表してる、とかで議論しているようですが、そんな下衆の勘繰りはやめましょう。

ゲスとスプリングはここに置いて夏を迎えましょうや。

 

 

殉愛―原節子と小津安二郎

殉愛―原節子と小津安二郎

 

 

 

 <こんな記事もあります> 

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com 

cathexis-impish.hatenablog.com

 

 

Huluで巨人戦配信。視聴デバイス予想、倍率5000倍

 次に書こうと思ってる『晩春』を見返そうとしたら、Huluで巨人戦のライブ配信をしているんですね。

 途中からでしたが、大変久しぶりにプロ野球を楽しみました。テレビでは観る気がしなかったのに、なぜでしょう。今度はビールと枝豆の用意万全で。

 

 試合も楽しかったのですが、終了後の田口選手へのインタビューが面白かった。桑田真澄が、きみは完投する投手だ。コーチに代われと言われても嫌だと拒否しなさい、と公開説教していました。ちょっと愛情を感じるアドバイス。それを隣で聞いている実況アナウンサーの苦笑いも映っていて、子供の頃のナイター中継の記憶よりリラックスした雰囲気の実況席に和みました。

 

 このライブ配信は『ジャイアンツLIVEストリーム』という同じ日テレが関わっているサービスから映像を提供してもらっているそうです。昼間に奥様が海外ドラマを観て、夜は旦那が野球を楽しむ。月1000円で家族円満。

 Huluを買収した日テレ一番のグッジョブ。

 

 ただ、ライブ配信の視聴可能な端末がPCのみなんですね。

 野球を観たい人たちの心情は、帰宅前はスマートフォンで、帰宅後はテレビで、ではないのでしょうか。少なくともこれを書いてる40代のオッサンの気持ちはそう。

 PC観戦が一番需要がないんじゃないかな。

 

 そのうちTVもスマホも視聴可能になるのでしょうが、その時期はいつなのか、賭けているプロ野球選手がいるとかいないとか。

 

 ちなみに開幕前のレスターのプレミアリーグ優勝のオッズが5000倍ですが、TBSラジオ伊集院光とラジオと』によれば、この倍率は「ローマ法王がレンジャーズでプレイする」「エリヴィス・プレスリーが生きていたことが発見される」よりも高倍率とのこと。

 

 スマホ&TVでの視聴解禁、オッズが5000倍になる時期はいつか?

 この記事がアップされた同日同時刻に解禁と予想。

 さあ、どうだ?

 ジャイアンツ・キリングとなったのか?

 

<こんな記事もあります>

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com

 

『桐島、部活やめるってよ』問十二、東出昌大の( )に入る言葉を埋めよ

 感動する、心を鷲掴みにされて身悶える幸福感はスクリーンのデカさと音の大きさに比例します。同じ感動させてもらえるなら、より強くガツンとやられるほうがいい。だから私は出来るだけ映画館で観ようとしています。ガツンが良いのは映画とみかん。ぬるめでいいのはお酒の燗だけ。

 

 『りリリィ・シュシュのすべて』からほぼ10年、『青春デンデケデケデケ』から20年。映画の中の青春は10年毎に傑作を産み落としていくようです。

 嗚呼、橋本愛の鮮血の美しさ!!

 映画『桐島、部活やめるってよ』を「視線のやりとりの映画」として見てみることで、エンドロールの

 

宏樹(  ) 東出昌大

 

のカッコに何が入るのか考えてみます。ちょっとしたお遊びなので、あまり真面目に受け取らないで下さい。

*わたし自身が映画の登場人物の名前を覚えられないので、一部を除き俳優名で書き記します。

 

 

 「視線のやりとりの映画」として見てみると、スクール・カーストは、映画の基礎「見る」「見られる」を扱うための手段として存在しています。

 映画内では下層に映画部の神木隆之介と前野朋哉と吹奏楽部の大後寿々花、上層に東出昌大山本美月のグループとバレー部のゴリラ、頂点に桐島、というヒエラルキーになっています。普段、同じ層同士は目を見て会話をしますが、異なる層は互いに目を合わせることがありません。「見る」時に「見られる」ことはなし。視線はいつも一方通行です。(しかし橋本愛だけは例外です。彼女の視線の話は今回は省略します)

 

 上層部たちの会話から、彼らが意識的にしろ無意識的にしろ桐島に憧れを抱いていることがわかります。上層部にとって桐島は「見る」存在。その桐島が部活をやめたという噂が出て、姿を消す。自分がいつも見ていた対象がいなくなる。「見る」を奪われた上層部たちはうろたえ始め、物語が動き出します。

 下層部は桐島に興味がないので冷静です。神木は橋本愛を、大後は東出を見ることができているからです。

 

 同じ層にもヒエラルキーはあります。

 バスケットコートでの暇つぶし。東出がゴールを決めると歓声が聞こえ、教室のベランダから女子たちが東出のことを見つめています。しかし竜汰がゴールを決めるとベランダに女子はいつの間にか教室内に戻っていて誰も見ていません。上層部の中でも東出が上、竜汰と友弘が下と設定されているようです。

 

 バスケットコートはこの映画にとって重要な場所です。

 最初に桐島がヒエラルキーの頂点にいると位置づけしましたが、その根拠はコートの場面で語られています。

 竜汰と友弘が大後を餌に議論します。「部活をがんばってる奴と、部活をやらずにセックス三昧の人生どちらがいいんだ?」

 結論は「部活をして、セックスもしているやつが一番」。

 これを実現出来てるのは映画の中で桐島ただ一人だけです。東出は野球部に籍はあるけど活動していません。

 また、2度目のコートでのシーン。

 「桐島の部活終わりまでの暇つぶしだったバスケ。桐島がいなくなったいま、なぜ俺たちはここにいるのか?」と竜汰。

 「好きだからじゃない?」と友弘は答えます。

 

目標を見失った時、残るものは何?

 

 桐島がいなくなり「見ること」を奪われた東出の視線はフラフラと宙を漂っていました。それが物語上で将来の展望もなくフラフラと日々を過ごしている姿と重なっていた中盤はここで終わり。後半、東出がなんとなく「見た」2人の人物から、バスケットコートでの問を突きつけられることになります。

 

 バスケが好きだと気付いた友弘はコートに残りバスケを続けます。好きなことを続けていた友弘が、屋上に桐島らしき人物がいるのを最初に発見します。

 桐島を見つけたと聞きつけた上層部たちが屋上に向かい、下層の映画部との邂逅。一方通行だった視線が交わり、ドラマが生まれます。

 

 少し戻って。東出は屋上に向かう前に野球部のキャプテンと出会います。東出はキャプテンに「なぜ引退しないのか?」と問うと「ドラフトが終わるまでは」と答えます。しかしドラフトで声がかからないことはキャプテン本人が一番良く分かっている。きっとドラフトが終わっても「来年のドラフトまでは」と何十年も続けるはず。ドラフトは表向きの理由で、キャプテンは目標がなくなっても、野球が好きだから、しているのです。ここで東出は、目標を見失った後に残る「好きだから」を突きつけられます。

 

 屋上で東出は神木と視線を交わします。

「将来は映画監督?」

「映画監督はないかな」

「じゃぁ何で撮ってるの?」

「好きだから」

 

再び突きつけられる「好きだから」。

 「逆光だよ」とテレてカメラを奪う神木。東出には神木が逆光でキラキラ輝いて見えているはず。神木は東出にカメラのレンズ(視線)をつきつけます。「桐島を見失って、残ったのは何?きみが好きなことって何?」と。

 東出は泣き出します。好きなことがないことに悲しくなって泣いたのか?

 私はここで、東出が本当に好きなことに気づき、そのことに自分でもビックリして泣いたのだと考えます。

 では、その好きなことって?

 

 ラストシーン。映画のカメラは東出が校内から出てくるのを少し離れた正面位置から捉え、歩く姿をパンでフォローします。東出が桐島に電話するところはカメラ横位置で、練習を見つめるところは東出の後ろ姿を捉えます。

 最後の最後、桐島に電話をかけながら野球部の練習を見つめる東出の後ろ姿。彼の視線の先にあるのは野球。東出の本当に好きなモノはやっぱり野球だったのです。

 

 

 ウソです。違います。

 野球は東出にとってもう”背景”であり、”うしろむき”で”ボヤケているもの”です。

 では何か?

 彼が好きなのは桐島でしょう。桐島を見失って、それでも桐島が好きだという気持ちが残った。好きというより愛していることに気付いてビックリしたのでしょう。

 そういえば、東出は女子に興味がなさそうでした。彼女はいるけどたいして興味ない感じ。松岡茉優に押し切られてなんとなく付き合ってる感がありました。キスも嫌そうにしていたし。

 もっと深読みすれば、神木がカメラを向けながら「やっぱりカッコイイね」と言った言葉にガツンときたのかもしれません。それで自身の性癖に気がついた。

 東出は最後、桐島に電話で愛の告白をしようとしていたのでは。

 

回答:

宏樹(桐島LOVE♡) 東出昌大

 

 本当はカッコ内は空白が正解だと思っていますけどね。

視線のやりとりから見た橋本愛大後寿々花、についても気が向いたら考えてみます。

 

 宏樹、桐島を愛していた説でした。

 

 

 <関連記事>

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com

cathexis-impish.hatenablog.com